|Note|#07|世界観とデジタルサイネージ
2021.05.24

カプセルトイの惑星が点在する宇宙空間

CL. カプセルトイプラネット(カプセルトイ専門店#C-pla )
ものがたりを伝える演出

店舗空間では、どうしても「販売」など直接的な目的のための訴求が優先されがちです。一方コンセプトや背景などは、共感やファン化に有効でありながらも「買う」行為に対して効果が間接的なため、十分に費用がかけられないことも多いのが実情です。

 

私たちは、床壁天井や造作什器以外の部分。いわゆる「店舗にくっつかない部分」によって、制作後も簡単に転用や改修をしながら世界観を演出する方法を併せてご提案しています。動画やアニメーションでその世界観に触れていただきながら、少しでも没入したような体験をしていただくことをめざしています。

 

 

ファサード全面を以後転用可能なLEDビジョンなどで構築し、思い切り世界に入り込んでいただいたり、各店内のモニタやデバイスを駆使して、そこならではの情報や知識を展開するコンテンツを全店で共有し放映するのも有効です。

多店舗展開や催事出店などをされる業態の場合は、依然「モノ」として有効なツールを最低限用意した上で、強いコンセプトやメッセージを練り上げビジュアル化した「データ」素材を計画し、あらゆる媒体で同時に訴求してゆくことも、昨今の動画閲覧環境が充実した時代には有効なかもしれません。

 

ページの先頭へ